銀色の。

懸賞 2009年 07月 26日 懸賞

c0100901_21494381.jpg





^--^-^-^--^^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^--^-

と言うわけで予てより話題にしてた通称「銀色」こと新しいチェーンが到着したわけです。

型名はShimanoのCN-HG91っていう。もうラインナップから外れてるブツです。7段対応で一番高級なのがこれっぽかったので、取り寄せた次第でございます。

その輝き様はすばらしいの一言でありぁす。





c0100901_2244198.jpg

箱もかっこいいけど、やっぱり本体ですねん。でも箱もかっこいいよ。

情報によると、袋の中は結構べとべとのねばねば状態って聞いたんだけど、それほど酷くはない?

ともあれ、早速作業開始であります。






c0100901_22585089.jpg

歓迎会とばかりに、袋から袋に移してチェーンクリーナーぶっかけて、手荒く洗ってやります。

こうでもしないと、べたべたが埃とかを吸い寄せちゃうそうです。

でも、ポリ袋はまずかったでしょうかね。




c0100901_2354465.jpg

当然、今付けてるチェーンははずさなくてはなりません。↑は通称「黒いの」です。

正式名称はCN-UG51。同じShimano製です。




一言でチェーンと言っても色々あってですね、Shimanoの自転車のチェーンの種類には[UG]・[HG]・[IG]とかその他いろいろあるそうです。

ここで言ってる「黒いの」のUGタイプはもう生産されてないそうで、ですが今でも安物の自転車には付いてると思います。

HGとIGの違いは……

ここ見るといいかも。

チェーンの名前については、チェーン本体に刻印があるはずなんで目を凝らして読んでくだせえ。

これを外すには以下の工具が必要だす。







c0100901_23352098.jpg

通称「チェーン切り」。

純正ものは高すぎるぞよ。ホームセンターで売ってたのは¥700ほど。対してこちらは¥2,700。はいはい。

カセットスプロケ外しもそうだけど、純正ものってぼったくり入ってるよね。それ承知で買うほうも買うほうだけどさ!!!





c0100901_23414765.jpg

その工具をこんな感じでチェーンにはめて、適当にやって外れるわけです。外れました。

「切る」て言ってますけど、実際はピンを「外す」作業です。外すのは楽よ。外すのはな。





c0100901_23433349.jpg

外れた「黒いの」





c0100901_23515298.jpg

その「黒いの」「銀色」を一本並べてみたり。端っこ。







c0100901_2356380.jpg

もう端っこ。「黒いの」のほうがちょっと長いのがお分かり頂けると思う。つまり、チェーンが伸びてるのだ。よほど酷使したんだろうねぇ。 ←他人事



チェーンの長さて、L(Links)で表記されてて、今回買ったのは114Lのやつなんだけど、危なかったよ。

まさか、使ってたほうのチェーンも同じ長さだったとは思わなんだ。。。あと1歩長かったら買い損でした。はい。

チェーンをつける前には長さを合わせないといけないのだが、前述より、その作業はパスできた。これを幸と呼ぶか不幸と言うべきかは、正直微妙なところ。 ;´・ω・`




あとはチェーンを付けるだけなんだけど、やっぱり難航でした。しかもちゃんと付けられたかどうかも分からんぬ。

何かの拍子でピンが吹っ飛んでがしゃーんなことにはなって欲しくない。





……次に続くかも。
[PR]

by Lowen_ash | 2009-07-26 00:15 | +自転車

<< 黒いの。   DIY!! DIY!! >>